スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

大橋薫 「あなたのうしろ」

後味の悪い話 その140
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1369920708/


923 名前:1/2[sage] 投稿日:2013/07/07(日) 20:31:12.67 ID:c5Rnnum+0 [1/2]

大橋薫 「あなたのうしろ」

小学生の洋介のクラスで怪談話が流行っていた。ある日同級生の女の子がこんな話を紹介した 

 『小さい男の子が学校から帰る途中、女の人が毎日後をつけてくるようになったんだって
 その女の人はすごく痩せていて、目ばかりギョロギョロ大きくて
 ただ後をつけてくるだけだったの
 それでも日ごと距離が近づいてきて・・・明日にはきっと手が届いてしまう
 男の子は怖くて家から一歩も出てこれなくなっちゃったんだって』
 
全然怖くない話だとみんなでバカにしたが、学校帰りその謎の女の正体で盛り上がる
幽霊、病院から逃げてきたアレな人、子供が好きな変人など
洋介は何となくその男の子の生き別れのお母さんなんじゃないかと思った。
そこへ洋介の母親がやって来て仲間の前でヒステリックに
「寄り道しないで真っ直ぐ帰ってきなさいと言ったでしょ!」と怒鳴りつけ、洋介を引きずっていく。

実は最近洋介にはさっきの話のように帰り道、毎日後をつけてくる人がいた。
お母さんと全然違って、若く痩せていてとても綺麗な女の人だった
家に帰ってもお母さんはお父さんにまで怒鳴り散らしててうんざりする、
こんな怖いお母さんいらない、あの人が本当のお母さんだったらどんなにいいだろうと思う。

次の日学校であの話をした女の子に昨日の腹いせなのか、怖いお母さんのことをからかわれた
思わず自分の本当のお母さんは帰り道にそっと見守ってくれる優しくて綺麗な人だと言い返す。
すると女の子は「昨日の話と現実がごっちゃになってるの?あれ本当の話は別にあるのよ」と話してくれた


大橋薫 「あなたのうしろ」の続きを読む
スポンサーサイト
[ 2013/07/12 16:49 ] 後味の悪い話 | CM(0)

漫画「アウターゾーン」より、39話「無情の街」

後味の悪い話 その140
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1369920708/


904 名前:1/3[sage] 投稿日:2013/07/06(土) 21:40:20.16 ID:eZg+3ce/0 [1/3]

漫画「アウターゾーン」より、39話「無常の街」

近未来の、とある地球人の移民星での話。
厳しい環境と徹底管理された生活環境、そして人口密度の高さから
そこに暮らす人間たちは人間性を失ってしまっていた。
目の前で老人がひったくりにあっても、また交通事故が起きても「自分には関係ない」と我関せず。
そんな状況が当たり前の世界だった。

主人公のリサはそんな環境にどうしても馴染めなかった。
カウンセリングを受けに行っても、カウンセラーから
「他人に干渉しないのは人間として当然。君は間違っている」と言われるばかり。
(自分の考えが間違っているのか)
そんなことを考えながら、リサは勤め先の工場で上の空で作業をしていた時、
手元が狂い、目の前のローラーに服の袖が挟まれてしまった。
このままでは体が巻き込まれてしまう。慌てて助けを呼ぶが、他の作業員たちは見向きもしない。
もうダメか、と思ったとき、一人の男性が間一髪彼女を救出する。

その男の名はルークといった。
リサが「なぜ自分を助けたのか」と尋ねると、ルークはただ「それが当然だと思ったから」と答えた。


漫画「アウターゾーン」より、39話「無情の街」の続きを読む
[ 2013/07/12 00:41 ] 後味の悪い話 | CM(0)

まつざきあけみ「すてきな仲間たち」

後味の悪い話 その140
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1369920708/


891 名前:1/3[sage] 投稿日:2013/07/06(土) 07:30:53.52 ID:Aqd6wzZDO [1/3]

まつざきあけみ「すてきな仲間たち」

真紀は学校にも通えないほど病弱な美少女だが、
裕福な母とメイドに保護され、週末になれば従兄姉四人が遊びに来る何不自由ない生活を送っていた。
五人はある日海辺の洞窟探検に出かけるが、地震で入り口の岩が崩れて一晩閉じ込められてしまう。
翌朝、心臓が弱かった真紀は恐ろしい形相で死んでいた。

四十九日の法要の後、真紀の母は四人を人殺しとなじり、猟銃で脅して問い詰めた。
(紅茶に酩酊状態になる薬を盛って、毒を入れたと思わせて解毒剤をエサにした)
最初は否定していた四人だが、互いに真紀への恨みを告発した。

イケメンのA男は真紀に片想い中で、たびたび高価なプレゼントをしていた。
あの日洞窟の中で真紀にフィアンセがいる事を知り、
(裏切られた!)と言いたげな顔つきになっていた…と告発した秀才のB男。

B男は名門私大を志望していたが、私生児で母親が水商売だから絶対無理、かわいそう。
と真紀に悪気なく同情された事があった。

一番年長のC子は、A男が真紀に片想い中だと知りながら告白してあっさり振られた事があった。


まつざきあけみ「すてきな仲間たち」の続きを読む
[ 2013/07/11 23:37 ] 後味の悪い話 | CM(0)

三丁目の夕日のとある一話

後味の悪い話 その140
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1369920708/



876 名前:1/4[sage] 投稿日:2013/07/05(金) 23:36:31.80 ID:c4mYi5G60

三丁目の夕日のとある一話。
A子とB子は一卵性のふたご。
二人の見た目はそっくりだが、A子は活発で現代的(当時としては)な性格・B子はおしとやかで女性らしい性格と対照的な性格。
高校卒業後の進路も、「これからは女性も社会進出してバリバリ働かないと!」というA子と、「進学や就職はせず、花嫁修業を頑張るわ」というB子とこれまた対照的。
そんな正反対の二人だけど、とても仲の良い姉妹だった。


三丁目の夕日のとある一話の続きを読む
[ 2013/07/11 16:34 ] 後味の悪い話 | CM(0)

笑ゥせぇるすまん「愛犬物語」

後味の悪い話 その140
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1369920708/


842 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/04(木) 17:34:12.11 ID:OuR2ZOyAP [1/2]

藤子不二雄A原作の笑ゥせぇるすまんより「愛犬物語」

犬貴狛太は犬のベルと楽しく暮らしていた
だが田舎から東京に栄転になり、そこでは犬は連れていけないので悩んでいた。
そんな時セールスマンの喪黒福造とであう。
話を聞いた喪黒は何とかしましょうと、一時的にベルを預かる。
東京についた数日後、犬貴が帰宅するとそこには犬貴そっくりの人間が。
なんとそれは特別な催眠術によって人間のような行動ができるベルであった。
それから二人は東京でも一緒に暮らせるようになる。
ただし喪黒は必要なとき以外はベルを犬に戻すように忠告する。


笑ゥせぇるすまん「愛犬物語」の続きを読む
[ 2013/07/05 14:40 ] 後味の悪い話 | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。