スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

パソコン普及前に事務系の仕事

僕らの知らない生活をする人たち 60人目
http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1355317189/


720 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/04/27(土) 10:51:46.73 ID:VsIh37CH

パソコン普及前に事務系の仕事してた人の話を聞きたい
グラフとか方眼紙に書いてたりしたのかな




784 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/03(金) 01:55:12.79 ID:ADJx+BvL

>>720
亀だけど、研究系の職場で事務処理もやってた。
得意先に提出する仕様書みたいなのは、カーボン挟んで三枚複写。
ボールペンでがっつり書くので枚数が多いと手が痛くなる。

失敗すれば一からやり直し(修正テープみたいなものはない時代で、
修正液を使うとかえって面倒・汚くなるので使わないことが多かった)
サンプルに貼るラベルは英文タイプライターで作ってた。


あまりの非効率さには上もどうかと思っていたようで、出始めのワープロの導入を提案したらオケが出た。
丁度パソコン黎明期で、社内にパソコンクラブができて、PC6001とかにベーシック打ち込んだりしてた頃。
8インチのぺらぺらディスクで起動して、ドットインパクトで書類が印刷されてきた時は感動したよ。

当時ワープロ一台300万円。大きさは事務用デスク一個分くらい…
あの後のIT関係の進化の速さには本当に目を見張るばかりです。ああ、もちろん携帯も影も形もなかったよ



785 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/05/03(金) 07:59:03.87 ID:WfBkVo3U

30年くらい前に某シンクタンクで仕事していた。
製品として納品する報告書の類は本当に最後の完成品の時には業者に出して活版印刷してもらうんだが、
そこに至るまでの中間報告や各種会議資料は5ミリ方眼のコピー用箋に鉛筆で手書き。
数字を書く時はテンプレート、途中の一文字だけ集成するときは字消し板を使っていた。
図面も沢山引いたがCADなんてないので、ロットリングを使って手書き。
計算も算盤を使っていた。

>784さんと同様、途中で「一太郎」、「松」、「桐」といったソフトが導入されて、
25インチのディスクで保管するようになった。


関連記事
[ 2013/07/17 21:17 ] 僕らの知らない生活 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。