スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

不気味な猫

ほんのりと怖い話スレ その95
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1372012200/


93 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 11:52:42.75 ID:dAI9RVE40 [1/2]

昨日の夜11時ころ、休日出勤から帰宅した時のこと。

コンビニ袋ぶら下げて自宅アパートの前に差し掛かると微かに猫の鳴き声が聞こえる。
あの発情期の何とも言えない声。
こんな時期に季節外れだなと思いつつ、なんとなく上の方を見ると、
7階(最上階)の端の部屋のベランダに何か白っぽいものが動いてるのが見える。

あー、あんな所に猫居るわー。
と思ってホールへ入ろうとした時にビールを買い忘れてた事に気づいた。
着替えて出直すのも面倒なので、そのまま近所のコンビニへ戻る。



買い物を終えてアパートの前に戻ってくると、さっきより猫の声が大きい。
上を見ると7階のベランダには猫がおらず、なぜか6階のベランダにいる。
え?どうやって移動した?・・・でもまぁ猫だからな。とスルーして帰宅。


風呂入ってコンビニおつまみでビールを飲んでると、また猫の声が聞こえ始めた。
ちなみに俺の部屋はさっきの猫が居たベランダと同じ列の3階。
もしかしてあの猫あのままどんどん下の階に降りてきてるのか?と思ってカーテンを開けると、
目の前を裸の赤ちゃんが泣きながら落ちていった。


え?猫の鳴き声じゃなくて赤ちゃんの泣き声?って言うか落ちてってたけど!?


慌てて窓を開けベランダに出て、下の駐車場を見たが赤ちゃんが落ちた様子はない。
見間違いか?
ヤバイな、今日はもう早く寝ようと部屋に戻ろうとした時、自室のベランダの端の白いものに気づいた。
猫がいた。白くて目が赤い猫。

赤ちゃんの泣き声のようなあの鳴き声で鳴きながら近づいてくる。
思わず「うわ!ううわわ!あああ!」と声を出してしまい、おもいっきり窓を閉めた。
近所の人はうるさかっただろうけど、その時はそんなこと気にしてられなかった。


猫はその後、ううう~と唸りながらベランダを2~3往復すると一声鳴いて、
手すりの隙間から消えていった。


今朝確認したけど、やっぱり駐車場に赤ちゃんとか物とか落ちた様子はなかった。



95 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/01(月) 13:12:54.21 ID:r8gZgNidP [2/2]

多分>>93と同じマンションの人が深夜に男の叫び声がしたことに恐怖してると思う
こうしてまた一つほんのりが生まれるのです…




106 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/07/02(火) 06:05:19.01 ID:R2X5lxP80!

>>93 の見た猫と同じようなのを見たことがある。


友達と夕食を終えた帰り道での事。
小高い丘の麓を走っていた。街灯はあるけれど薄暗い。
道路の両脇は、雑草や木でボサボサしている。


運転していたのは友達の方で、緩い右カーブに差し掛かった。
右手のボサボサのところに、白いペルシャ猫が座ってるのが見えた。
猫好きの友達は、猫いたよな?もう一度見に行ってもいい?と言って、Uターンした。
で、もう一度さっきのカーブのところまで来て、減速した。猫は同じ所に座っていた。
すごい違和感を感じたと同時に、背筋がゾッとした。


大体あんな所にいる猫が、あんなにはっきりと道路から見えるはずない。
街灯の灯りはそこまで届かない。

猫は白くぼーっと光っていて、透明感があって、目が光っていた。


まだいたよな?と友達に聞いても返事がない。
ヤバイ、こいつあの得体の知れない物に引っ張られてると思った。

友達は無言のまま、丘のレストランの駐車場に入り、猫がいた所に近い一番端に車を止めた。

空気が重く澱んでいる。
悪意の塊みたいなのが渦巻く気配が近づいてくる感じがした。
まさかこいつ猫の所へ行く気じゃないだろうな?
行くな、行くなと心の中で念じた。

しばらく無言のまま、クルマの中にいたが突然、行こか?と友達は言って車を出した。


後から聞いたところ、どうしてもその猫の所に行きたくて駐車場に車を止めた。
車を止めた途端、何とも言えない嫌な気分になり、直ぐに降りなかったらしい。
しばらくすると、絶対に行ってはいけないって思いそこを離れたそうだ。


関連記事
[ 2013/07/23 23:48 ] 不思議な話 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。