スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

「仮面ライダーディケイド」の小説版

後味の悪い話 その140
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1369920708/



218 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2013/06/08(土) 14:59:18.40 ID:Io9oeTuOP

まとめにも載ってる特撮の「仮面ライダーディケイド」の小説版があるんだけど、それの登場人物の一人・海東の過去や結末が後味悪かった。


海東は仮面ライダーディエンドに変身する事ができる青年で、主人公の士に対しては仲間みたく振舞う事もあれば、敵対する事もある微妙な関係。
そんな海東は少年時代、両親や弟と平和に過ごしていた。
が、ある日、家に強盗が現れ、両親や弟は殺されてしまう。
唯一生き残った海東は死にたくないがために命乞いをし、強盗の靴を舐めるよう強要され、それに大人しく従った。

その後、強盗は逮捕されるものの、強盗は精神障害者だったという事で無罪になってしまう。
家族が殺され、その殺した奴が裁かれない世界に絶望した海東は、とある写真館に迷い込む。
その写真館は自らの世界に絶望した者だけが見つける事のできる、他の世界に通じるゲートのようなものだった。

そして、他の世界へと渡った海東は鳴滝と名乗る男と出会う。
鳴滝もまた自分の世界に絶望して他の世界へ逃げ込んだが、そんな事を繰り返す内に自分の世界を忘れてしまい、人間ではなくなった存在だった。
そして、鳴滝は全ての世界を消滅させ、新たな世界を創造するべく、海東を仲間へと引き込む。
海東もその計画に賛成し、鳴滝の仲間となる。

海東が鳴滝から与えられた使命は、各世界に存在する「仮面ライダー」の力を集める事、そしてその計画の邪魔になる仮面ライダーディケイドこと士を始末する事だった。
しかし、ある世界で怪人に襲われ、命の危機に陥った海東を士が助けてくれた。
命を狙っていた相手に命を救われ、その行為を偽善だと嘲笑う海東だったが、内心では今までとは違う想いが目覚め始めていた。

そして終盤、鳴滝から再び「士を始末しろ」という命令を受ける海東だったが、それを拒否する。
今まで自分の世界に絶望していたが、もしかしたら自分の世界にも希望は残っていたのかもしれないと。
その言葉を聞いて激昂した鳴滝は海東を殺すのだった。


関連記事
[ 2013/06/28 11:21 ] 後味の悪い話 | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。